PROFESSIONAL (41).png
水が流れ、LEDが美しいパーテーション 200cm×200cm アクアバブルウォール 循環ポンプ カラーバリエーション豊富なLEDライトで光る!!
00:51
【お残しは許しません!!】 バイヤーお仕置き!? フリーモント・ストリート・エクスペリエンス ハートアタックグリル おしり叩かれ動画(笑)
00:41

【お残しは許しません!!】 バイヤーお仕置き!? フリーモント・ストリート・エクスペリエンス ハートアタックグリル おしり叩かれ動画(笑)

フリーモント・ストリート・エクスペリエンスにあり、超高カロリーメニュー、セクシャルなウェイトレス風制服、過激な店名で話題となっている名物ハンバーガーレストラン【ハートアタックグリル】にてランチ♪ ハートアタック = 心臓麻痺 「通院風」を売りにしたレストランで、店内でウエイトレスは「ナース」、注文書は「処方箋」、顧客は「患者」と呼ばれます^^ 顧客は注文前に通院風のガウンを着せられ店内に連れていかれます(笑) なんと!!体重160㎏以上の「患者」さんは、ハンバーガーが無料で提供されます!! なので、お店の前には体重計も設置されていました!! そして、このお店の1番の名物!! 注文したハンバーガーを食べきれず残すと、なんと「ナース」からお仕置きが・・・!? バイヤーがその話を聞き、そのお仕置きを受けるべくわざとハンバーガーをお残しwww ドMなバイヤーですwww 貴重なお仕置き動画をぜひお楽しみください(笑) ハンバーガーレストラン【ハートアタックグリル】 http://www.heartattackgrill.com/ AMERICAN ANTIQUE ONE公式HPはこちら★ https://www.antique-one.com/
ロスの街をハーレーで走る!! 1997年 ハーレーダビッドソン L.A.ライダース セガ制作 アーケードゲーム
02:17

ロスの街をハーレーで走る!! 1997年 ハーレーダビッドソン L.A.ライダース セガ制作 アーケードゲーム

1997年にリリースされたセガ制作のアーケードゲーム【ハーレーダビッドソン L.A.ライダース】のUSA版です!! 制限時間内にロサンゼルス周辺の指定されたチェックポイントを駆け抜けるゲームとなっており、実際にロサンゼルスをハーレーで走り抜ける感覚を体験できます!! リアルなサウンドが、さらに心を高鳴らせます!! とにかく面白い!! ハーレーダビットソンのライセンス品だけあってクオリティ高いです^0^ お店にも最高だと思います♪ お客様がゲーム目当てにきて盛り上がってくれたら最高ですね☆ビールも進む♪ 店舗で動作確認を行い、日本の電源でも電源が問題なく入りました!! コードは三口コンセントですが、別売りの変換プラグ(200円ぐらい)を使えば、日本でも勿論お使いいただけます♪ 電源を入れた後コイン投入口を開け”service”と書かれたボタンを押すとゲームが開始します!! 大画面で迫力も最高♪ お店やイベント等に設置しても、目玉アイテムになること間違いなしです!! キャスターも付いていますので、移動も楽々♪ 遊ぶには問題ありませんが、実際にゲーセンにて使用、また輸入商品の為、汚れや傷等多数あります。 鍵穴はフリーで遊ぶために破壊してあります^^; さすがはUSA・・・ワイルドです。。 詳しくは【AMERICAN ANTIQUE ONE公式サイト】まで☆ https://www.antique-one.com/
Vose & Sons 自動演奏オルガン ニッケルオデオン / モデル
01:09

Vose & Sons 自動演奏オルガン ニッケルオデオン / モデル

ロサンゼルス郊外の高級住宅地に住むお婆さんから購入致しました。 Manufacturer: Vose & Sons Model: Nickelodeon 20世紀初頭にアメリカで流行となった、規模の小さい庶民的な映画館〈ニッケルオデオン〉が名前の由来となっている自動演奏オルガンのことです。 サイレント映画のシーンに合わせて演奏者が音楽を伴奏するために使用されていたもので、オルガンの中には木琴やタンバリン、太鼓など様々な楽器が搭載されています。 こちらのオルガンはそれらをモデルとしたオルガンとのことです。 アメリカサイト様によりますと、Vose & Sonsは・・ ジェームズホワイティングボースは、家具職人として始まり、1838年頃にいくつかのピアノでピアノ製作を学び始めました。 ボストン地域の工場やショップ。 1851年までに、彼は328 Washington St.マサチューセッツ州ボストン。ボーズは、ジェームズW.ボーズの名の下にアップライト、グランド、スクエアのグランドピアノを作りました。彼の初期の期間中。ピアノの製作とビジネスそのものを学んだ後、息子のウィラードA.ボース、アーヴィングB. その後、ボーズとジュリアンW.ボースは父親の会社に加わり、Vose&Sonsに改名し、1889年。1920年代までに、ボストンのウォータータウンに工場を建設しました。 大恐慌の直後1920年代後半に、Vose&Sonsはニューヨークの複合企業Aeolian-American Corp.に買収されました。エオリアン使用 1982年に廃業するまでのボーズの名前。2004年以降、ボーズ&サンズという名前のピアノは Wrightwood Enterprises Inc.が中国の東北ピアノ社製のピアノに使用。 本質的に同じピアノは、エベレットとA.Bのブランド名でも販売されていました。 と、ありますので希少のようです。 アメリカより慎重に運送し無事に日本に到着。 一部、ステンドグラスの下部にひびがありますがこちらは購入当初からのものです。 動作確認し、問題なく美しい音色を奏でてくれます。 お婆さんより、特別に自動演奏用の楽譜(ロール)9本も購入できましたので、こちらも一緒にお付けいたします。 このオルガンはなんと、自動演奏をオフにしている時は自身でオルガンを演奏する事も可能です。 とにかく、見るものを魅了する美しい装飾のオルガン。 独特の世界をお楽しみください。 詳しくは【AMERICAN ANTIQUE ONE公式サイト】まで☆ https://www.antique-one.com/
AMERICAN ANTIQUE ONE ロゴ.png